お役立ち情報

xC(クロスシー)とルキア 人気はどっちで違いは何?徹底比較!

レディース用腕時計として人気の、シチズンのcX(クロスシー)とセイコーのLukia(ルキア)。

デザインも価格帯も幅広く、入学祝・就職祝いのプレゼントとしても喜ばれそうですし、ちょっとしたご褒美に自分で購入するのも素敵ですよね。

 

ただ…迷いませんか?

きっとこのページに辿り着いてくれたあなたは、

クロスシーとルキアどっちも素敵で選べない…!

人気なのはどっち?違いはなに?

…などと、悩んでいるのではないでしょうか。

 

実は私も腕時計を探していて、最終候補にこの二つのシリーズに辿り着きました。

後悔の無い1本を選ぼうと、デザインだけでなく機能なども詳しく調べてみると、

共通点も多い一方で、私にとっては決め手となるくらい大きな違いについても発見しました…!

この記事では、次のことについてまとめています。

  • クロスシーとルキアの共通点・違い
  • クロスシーとルキアはどっちが人気?
  • それぞれの人気のモデルを徹底比較

クロスシーとルキアで迷っている方の参考になれば嬉しいです。

シチズン xC(クロスシー)とセイコー Lukia(ルキア)は似てる?違いは何?

この二つで迷うということは、比べれば比べる程、とてもよく似ているんですよね。

どのような共通点があって、違うところはどこなのかを確認してみましょう。

CITIZEN cX(クロスシー)とSEIKO Lukia(ルキア)の共通点

ブランド(メーカー)のイメージ

まず何よりも、大元となるブランド(メーカー)のイメージが似ていますよね。

どちらも老舗の国内メーカーで、世界的な知名度や信頼性も高いです。

設立はシチズンが1918年、セイコーが1881年。

より歴史が深いことと、国産高級腕時計の代表格といえば「グランドセイコー」のイメージが強いことから、メーカー全体のイメージとしてはセイコーが一歩リードしている印象があります。

 

機能(スペック)

クロスシーもルキアも、基本的な機能はどちらも高く、

日常使い用の腕時計としての機能+αは全て揃っています。

次に示しているのは、クロスシーもルキアもどちらも共通して備えている機能です。

防水機能 日常生活に十分な防水機能(モデルによって5気圧~)
チタン製 ステンレスよりも軽く長時間つけていても疲れない
表面強化加工 表面の傷がつきにくい特殊加工
ソーラー充電機能 太陽光により充電するため電池交換不要
電波受信機能 標準電波を受信して自動で時刻のズレを修正する
世界時計機能 国外でも電波を受信することで海外旅行先の時刻に簡単に調整可能

※低価格モデルの中には、一部機能を備えていないものもあります

価格帯

シチズンのクロスシーもセイコーのルキアも、商品の価格帯は3万円代~10万円代(限定モデルで12、3万円)と、全く一緒です。

高すぎず安過ぎず、とても選びやすい価格帯ですよね。

入学祝い・就職祝いのプレゼントや、社会人になって、自分の働いたお金で初めて購入するちょっと良い時計選びなどにピッタリではないでしょうか。

プライベートでは海外ブランドの腕時計を身につける方も、仕事用に国内メーカーのものをつけて使い分けることもあるようです。

 

シチズン cX(クロスシー)とセイコーLukia(ルキア)の違いは?

このように、とても共通点が多いクロスシーとルキアですが逆に異なる点はどのようなところでしょうか。

デザインを比較

クロスシーもルキアも幅広いデザインを展開していますが、やはりそれぞれに個性があります。

クロスシーは、カワイイというよりも“綺麗”な印象。

華やかなデザインのものも、どこか落ち着きを感じられます。

(左)ES9362-52X  /(右)EC1010-57L  ※どちらも数量限定モデル

画像はいずれもシチズン公式サイトから引用

「大人女子」という言葉が似合いそうな、洗練されたデザインですね。

ネイビーが印象的なEC1010-57Lは、実はペアウォッチで、お揃いのメンズモデルも素敵ですよ。

こちらの記事内でご紹介していますので、よかったらご覧ください。

クロスシー&ルキア ペアモデルはプレゼントにも!おすすめモデルを比較!レディース腕時計として人気の高いシチズンのxC(クロスシー)とセイコーのLUKIA(ルキア)。 デザイン性も機能性も高く、幅広い世...

 

一方、SEIKOのルキアは可愛らしいデザインが目を引き、カラーストーンを何種類も使用したモデルなど、華やかで女の子らしいデザインも。

(左)SSVW154  /(右)SSVW163  ※どちらも数量限定モデル

画像はいずれもセイコー公式サイトより引用

このようなデザインのものはクロスシーでは見当たらず、ルキアの特徴的なデザインと言ってよいと思います。

機能性(スペック)を比較

共通点のところでご紹介したように、機能性についてもほとんど変わらないと言えるクロスシーとルキアですが、ひとつ大きな違いを発見しました。

時計の表面を傷つきにくくするための表面強化加工はクロスシーもシチズンもそれぞれされているのですが、加工後の強度に結構な差があるのです。

どちらも独自開発されたオリジナルの加工技術なのですが、

ルキアの表面強化加工技術“ダイヤシールド”を施したものは、ステンレスの約2倍の硬度になるのに対し、

クロスシーに施される“デュラテクト”という技術は、ステンレスの約5倍の硬度を実現するそうです。

また、クロスシーのデュラテクトは単に表面をコーティングするのではなく、素材そのものの硬度を上げることができるので、年月が経ってもコーティングが剥がれたような見た目になる心配がほとんどないとのこと。

これは…個人的にはかなり大きな差があると感じました。

※この点に関してクロスシーがかなりリードしていることは間違いないですが、もちろんルキアの“ダイヤシールド”が傷が付きやすいという意味ではありません。

ただ、長年使用すると差を感じるようになるかもしれない、という位のことではないでしょうか。

もう少し詳しく知りたい方はこちら

シチズン cX(クロスシー)とセイコー Lukia(ルキア)人気はどっち?

では実際に人気が高いのはどちらなのでしょうか?

それぞれの公式サイトに次のような表記を見つけました。

クロスシーはレディース腕時計国内売り上げNo1
(2018年国内中価格帯市場において/ユーロモニターインターナショナル調べ)

引用:シチズン公式サイト

「SSQV040」は、Woman’s Titanium Watch® 2018年モデル別販売数量シェアNo1
※2018年4月~2019年3月モデル別数量シェア腕時計
国内指定ブランド・本体素材5「チタン」腕時計タイプ女性向けを抽出
全国有力家電量販店の販売実績集計/GfK Japan調べ

引用:セイコー公式サイト

 

この価格帯の売り上げを比較した際に、シリーズ全体で人気が高いのはクロスシー、

シリーズの中でモデル別に統計をとると、ルキアの「SSQV040」が一番人気がある(販売実績がある)ということのようですね。

ルキアの「SSQV040」については、この後人気モデルを紹介する際に詳しく取りあげます。

シチズン xC(クロスシー)とセイコー Lukia(ルキア) 人気モデルを比較

それぞれの人気モデルのデザインや機能を比較してみます。

クロスシー EC1144-51W

シチズン xC(クロスシー)の「EC1144-51W」は、シチズンオリジナルカラーの“サクラピンク”を施した人気モデルです。

記事作成時点で、複数の大手ネット通販サイトの評価順で1位であったことから選びました。

また、この後紹介するルキアの人気モデルと同価格であることもあり、スペックを比較するのにちょうどよいと思います。

 

店頭で実物を見たことがありますが、実際はもう少し淡い色合いをしています。

肌馴染みがよく、どんな色のアクセサリーとも相性が良いと人気があるようです。

女性らしいカラーでありながら、キリっとした文字盤で全体の印象を引き締めていて素敵ですよね。

さり気なく施されたミルグレインと、桜の花びらが1枚隠されているところも遊び心があります。

モデル xC(クロスシー)EC1144-51W
ケースサイズ 27.8mm×厚み 7.7㎜
重さ 36g
ケース材質 スーパーチタニウム
表面強化加工 デュラテクトサクラピンク(サクラ色)
防水機能 5気圧防水
駆動方式 ソーラー電波修正
世界時計 ワールドタイム機能(24都市)
メーカー希望小売価格 ¥ 78,000 + 税

シチズン独自の表面強化加工“デュラテクト”ももちろん採用されており、長年使用しても傷つきにくいので安心できますね。

 

ルキア SSQV040

モデル個別で2018年(2018年4月~2019年3月)に一番人気(販売数量)があったとの統計が出たのが、ルキアの「SSQV040」です。

 

シルバー×ピンクゴールドのコンビカラーで、文字盤もルキアらしい華やかで可愛らしい印象ですね。

それでいて子供っぽさはないので、可愛らしいタイプがお好きな幅広い年代の方に選ばれることが想像できます。

ダークカラーの大人ファッションのアクセントとして付けても良さそうですね。

モデル Lukia(ルキア)SSQV040
ケースサイズ 厚さ: 7.6 ㎜ / 横: 28 ㎜ / 縦: 33.5 ㎜
重さ 32.0 g
ケース材質 純チタン(一部ピンクゴールド色めっき)
表面強化加工 プラチナダイヤシールド
防水機能 日常生活用強化防水(10気圧)
駆動方式 ソーラー電波修正
世界時計 ワールドタイム機能(25タイムゾーン)
メーカー希望小売価格
78,000円+税

先ほど紹介したクロスシーのモデルと比べて機能面で優れているのは、防水機能が10気圧まで対応しているという点ですね。

 

シチズン xC(クロスシー)とセイコー Lukia(ルキア) まとめ

レディース腕時計の国内ブランドとして人気の高い、シチズンのクロスシーとセイコーのルキア。

どちらにしようか迷う方が多いように、どちらもデザインも機能性も優れていますよね。

身に付けるものなのでデザインが気に入っていることはもちろん、

自分が重要視する機能についても確認してから選ぶと、後悔することなく長く愛用できるのではないでしょうか。

 

こちらの記事内でもおすすめのモデルをご紹介しています。

イメージとして年代を分けていますが、あくまで目安ですので、お好きなデザインを探す参考にぜひなるべくたくさんのモデルをご覧ください。

クロスシーとルキア 30代におすすめのモデルを厳選!日本が誇る国内時計ブランドの代表格、シチズンとセイコー。 中でもレディース用腕時計のシリーズとして人気の高いシチズンのxC(クロス...
クロスシー&ルキア 40代におすすめのモデルを厳選!選ぶポイントは?レディース腕時計の定番、シチズンのcX(クロスシー)とセイコーのLUKIA。 日本製の確かな品質だけでなく、デザインも豊富で多くの...

ペアモデルも素敵ですよ!

クロスシー&ルキア ペアモデルはプレゼントにも!おすすめモデルを比較!レディース腕時計として人気の高いシチズンのxC(クロスシー)とセイコーのLUKIA(ルキア)。 デザイン性も機能性も高く、幅広い世...

クロスシー&ルキアを買うなら楽天がお得!

ABOUT ME
ちゃんチャン
ちゃんチャン
ジャンルにとらわれず、幅広い分野の情報を発信します。